オブラートの歴史

オブラートについて


OblateStoreについて


その他


取扱店・販売店募集! サイトマップ


ここでは、eメールなどで、お問い合わせの多いものについてご紹介しております。
Q&Aでご紹介していない内容につきましては、eメールにてお問い合わせください。
・オブラートの世界へようこそ!

 みなさんは、オブラートをご存じですか?オブラートと言われても今の若い人たちは、見たことも聞いたこともないと思いますので、これからオブラートの誕生から現在までを簡単ですが、お話ししたいと思います。みなさんも、国語辞典などで「オブラート」について、調べたかと思いますが、参考にしてください。「オブラートは澱粉質で作られた薄い透明な紙状のものです。オブラートの語源は、ラテン語のオブラトゥス<oblatus>(楕円形)からきたもので今でもその形は残されています。」
 さて、オブラートが誕生した正確な年代を特定することはできませんでしたが、かなり古いことは確かで、ドイツのキリスト教で行われるミサでは、聖書の中で述べられたように、血の代わりにぶどう酒が使われ、そして、肉の代われにパンが捧げられるが、このウェファースに似た丸い小型の軽焼きせんべいなるものが、祭壇に供えられます。いつしか、ドイツではこのせんべいたるものに、薬を服用する時に使われるようになりました。これが、硬いオブラートで専門的に言うと、硬質オブラートの始まりとも言われています。もちろん、当時の製造技術では硬質オブラート(せんべいオブラート)までが限界でした。
 明治初期に、日本にオブラートが輸入されたと言われています。もちろん、当時は高価な輸入品でしたので、庶民が購入できる品物ではありませんでしたが、そこは日本人がもっとも得意とする手先の器用さを生かし、国内でも明治20年代に初めて国産品で赤缶オブラートが誕生し、明治30年代に入ってからツル印オブラート本舗や、小槌印オブラート本舗などの商品が市場に登場してきました。この頃のオブラートは、硬質オブラート(せんべいオブラート)が主流でした。
 しかし、その頃、硬質オブラート(せんべいオブラート)とは違った薄くて柔らかいオブラートを三重県の医師・小林政太郎氏が研究を重ね、ついに発明し商品化へと進みました。そこで、気になる発明のきっかけは、正月に寒天料理を作っていたころ、たまたま流れ落ちた寒天が薄い紙片状の広がり固まった所を見た瞬間に、彼の頭の中に衝撃が走ったのでしょう。一つの偶然がオブラートの歴史を変えることになりました。また各地で、いろいろな製法を取得に研究されましたが、山元オブラートがいち早く新しい製法を考え出しました。そのあと、1922年(大正11年)ごろに、ドライヤー(ドラム状の回転式乾燥機)を使用する製法を使用することにより、品質も良くなり、大量に軟質オブラート(ジャガイモ澱粉紙<potato starch paper>または、食べられる紙<eatable paper>とも呼ばれます。 )を生産することが可能になりました。当時では、オブラートを柔らかくするために、柔軟剤を用いていましたが、このドライヤーを用いる製法で必要がないことがわかり、澱粉だけでオブラートが製造されるようになりました。また、現在でもこの製法でオブラートは製造されています。
 さて、時は流れ、戦後しばらくの間は、薬用に使われるよりもお菓子向けの需要が大きかったみたいです。当時の飴の原材料は主に水飴が使用されており、ご存知のように、水飴は取り扱いが大変です。そこで、オブラートで包むことにより、ベタ付き感は解消されました。また、飴以外にもキャラメルやゼリーなども1個1個オブラートで包まれていました。
 しかし、昭和25年に砂糖が自由化されたことにより、今までオブラートで包まれていた飴やキャラメルなども包装技術の進歩により、お菓子の包装材料としてオブラートは使われなくなりました。(お菓子用のオブラートの厚さは40ミクロン。薬用のオブラートの厚さは20ミクロンです。)時々、スーパーなどの一角にある駄菓子コーナーで、オブラートに包まれた飴・ゼリーなどのお菓子を手にすると懐かしさを感じるのは、私だけでしょうか?
 さて、当時の生産量と現在の生産量を比べると、お菓子に使用されるオブラートは大きく激減しました。また、薬用のオブラートも時代の流れには勝てず、減少していますが、今でも、根強い人気で多くのお客様に愛用されています。また、オブラートの全盛期は1950年頃と言われています。全盛期には全国にオブラート工場が100カ所以上ありましたが、現在では5カ所の工場しかありません。
 すこし話は変わりますが、言葉の言い表し方でも、オブラートは使われていますので、紹介したいと思います。まずは、「オブラート演説」と言う言葉です。当時の大学生たちによって使われた言葉で、オブラートに薬を包んで丸飲みするように、他人の説を丸呑みにして受売りする演説のことです。そして、もう一つ「オブラートに包む」(*意味:人を強く刺激するような表現を避けて遠回しな言い方をすること。)言い方などがよく使われていました。現在では、オブラートを含んだ言葉を使わなくなりました。なぜでしょうか?もしかしたら身近にオブラートが、無いからでしょうか?
 さて、オブラートは「薬」も「言葉」も包み込むことができる、素敵な商品だと思いませんか!?長々とお話しをしてしまいましたが、このように、オブラートは様々な結びつきと豊かな発想、そして研究と努力により、完成されたオブラートが誕生したと考えられます。
 最後に、世界中の人々にオブラートの歴史と文化を知って頂きたく思います。

 



・・・・・・・・・ MENU ・・・・・・・・・

Oblate Store | 商品情報 | Q&A | プレゼント |会社案内

・・・・・ HOME ・・・・・

このサイトはInternetExplore4.0以上かまたはNetscapeNavigator4.0以上のブラウザをご利用下さい。
Webに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
商品の販売・発送は日本国内に限らせていただきます。

Copyright (C) 2000-2002 Kyokko Corporation. All Rights Reserved.